iPhonecase.net

iPhone5sを利用しているあなたにケース選びの情報を伝授しちゃいます!

ケースの素材による違いを理解しよう

スマホケース

ケースの種類と特徴

iPhoneケースってたくさんの種類がありますよね。しかし、人によってケースの素材には向き不向きがあるのです。また、iPhoneはiphone5など様々な機種があるため、機種に合わせてケースを購入する必要があります。はたして、自分に合ったiPhoneケースの特徴とはなんなのか。確認してみましょう。

READ MORE

新着情報

iPhoneの画面を割ってしまう原因

本体が薄く大きくなり持ちづらくなった

iPhone5sの次機種のiPhone6以降からは、本体が薄く大きくなりましたよね。それは大きな利点でもあります。しかし、薄すぎて手からスッと落ちてしまったり、女性の方は手が小さいので、大きいiPhoneが持ちづらくなってつい落としてしまうことが多くなりました。iPhoneが持ちづらい方や、落下が心配な方のために、現在は、落下防止や落下させてしまったときに衝撃を緩和してくれるグッズもありますので、利用してみると良いと思います。

あちこちにiPhoneを置いている

テーブルにiPhoneを置いているからって、油断をしてはいけません。実は、テーブル上に置いたままで画面が割れてしまうケースは非常に多いのです。例えば、iPhoneの上にコップを落としてしまい、コップの底が当たって画面が割れてしまうこともよくある話なのです・・・。特に小さなお子様がいる家庭は、iPhone自体を投げて遊ぶという恐ろしい遊びをさせないように、置き場所には気をつけましょうね。

ズボンのお尻ポケットに入れただけで割れる!?

これはとてもびっくりですよね。ただ、ズボンのお尻ポケットに入れて、歩き回る分には良いのですが、問題は、座ったときです。いくらお尻が柔らかくても、座ることにより体重がiPhoneにのっかってしまい、気づかぬうちに、パキっとヒビが入ってしまうことって意外と多いんです。そのほかにも、色々物を詰め込んだカバンに入れていると、その重みや物のカドに当たって割れることもありますから、常に気を配る必要がありますね・・・!

[PR]

人気の高いiPhone5sのケースをピックアップ☆
機能性とデザイン性を兼ね備えたアイテムに注目! iPhoneの買取は専門店にお任せ!
高値で引き取ってくれる店舗を紹介!

iPhoneを壊さない対策

スマホ

iPhoneを守るグッズ・保護フィルム

ケース以外にもiPhoneを守るグッズはあります。その中でも、比較的ポピュラーなのが保護フィルム。画面に貼るフィルムで、薄い保護フィルムや、ガラスでできたガラスフィルムもあります。薄い保護フィルムは、落としてしまったときなどの衝撃には弱いのですが、破片の飛び散りを防いでくれたりします。また、光沢タイプ・マットタイプ等の種類があり、光沢タイプだと、つるつるした画面を維持でき、マットタイプだと、操作心地がサラサラと快適なものになります。ガラスフィルムは、薄いガラスでできていて、落下してしまった際、画面の代わりに衝撃を吸収して割れてくれるときもある、というのがメリットです。多少お値段は張るのですが、貼っているときの安心感は段違いです。

iPhoneを守るグッズ・バンカーリング

意外とバンカーリングの存在を知らない人は多いのではないのでしょうか。バンカーリングとはiPhoneの背面に貼り付け、リングの部分に指を入れることで、iPhoneの落下を防ぐアイテムです。バンカーリングをつけることによってiPhoneを持ったときの安定感が抜群に変わるため、落下を防ぐだけではなく、がっちりとiPhoneをつかむことができます。その為、手の小さな女性などにも大変おすすめです。また、リング部分を立てかけて、iPhoneスタンドとして利用することもできるのです。たくさんのメリットがありますね。

iPhoneは無いと困るもの

iPhoneだけではなく、スマートフォンは生活必需品となってきています。しかし、生活必需品にしてはとても高値であり繊細なものです。小さなパソコンを持ち歩いているようなものですから、決して乱暴には扱わず、グッズなどで壊れないように対策をして、長く使っていけると良いですね。

[PR]

広告募集中